2010年代前半のミュージカル映画×99

Yukipedia
Amazon.co.jp

2010-15年のミュージカル映画×99

(サイト内リンク)ミュージカル映画 目次

2010年

2011年

(サイト内リンク)23☞オペラ座の怪人(2004年のミュージカル映画)

2012年

98☞Magic Mike1(2012)

  • マイケル・”マジック・マイク”・レーン – オリジナル家具会社の起業のために稼いだ金でアダムを助ける看板男性ストリッパー。
  • ジョアンナ – 実は婚約者がいたマイケルのカールフレンド。
  • アダム(ザ・キッド) -身を持ち崩す19歳の新人ストリッパー。
  • ブルック – マイケルと親しくなるアダムの姉。
  • ダラス – マイケルやアダムに共同経営をちらつかせる男性ストリップクラブの経営者。タンパからマイアミへ進出。(ダラスを演じたマシュー・マコノヒーがインディペンデント・スピリット賞、全米映画批評家協会、ニューヨーク映画批評家協会賞それぞれ助演男優賞を受賞)
  • ケン -バービー人形のボーイフレンドのような容姿のストリッパー。
  • ティト – メキシコ出身のラテン系ストリッパー。
  • ターザン – 体が大きく長髪・髭の野生的なスタイルのストリッパー。
  • ビッグ・ディック・リッチー – デカマラ・リッチーと言われるストリッパー。
  • トビアス – ストリップ・クラブのDJ。キッドを巻き込むヤクの売人。

Magic Mike XXL2(2015)マジック・マイクの3年後の続編。ケン、ティト、ターザン、リッチー、トビアスの引退公演にマイクが参加。

チョコレート・シティ3(2015)マジック・マイクの黒人版を目指した映画。参照サイトFilmarksでの評価比較は『マジック・マイク』3.3『マジック・マイクXXL』3.5『チョコレート・シティ』2.7

99カルテット!人生のオペラハウス 4(2012)存続の危機にある音楽家老人ホームの救済のためのガラ・コンサート顛末。「乾杯の歌」で映画がスタートします。他に『リゴレット』「女心のうた」「乙女の恋の歌(四重唱)」、『トスカ』「歌に生き、愛に生き」、サン=サーンス「白鳥」、ハイドン、バッハなど多くのクラシック音楽ほかミュージカルの曲など使われています。
ダスティン・ホフマン監督、出演マギー・スミス他、往年の音楽家・歌手本人が出演しています。

2013年

54☞ソウルガールズ オーストラリアのアボリジニ居留地出身の姉妹と従妹のグループ

2014年

58☞ワンチャンス5イギリスのオーディション番組で優勝したことをきっかけに世界的オペラ歌手となった実在人物ポール・ポッツ6の波乱の半生を描きます。

59☞アニー 7,8(2014)新聞連載漫画97☞『小さな孤児アニー(Little Orphan Annie)』を原作として製作されたブロードウェイ・ミュージカル9の映画化。ウィル・スミス制作。出演は、キャメロン・ディアス、ジェイミー・フォックス(本人役)、リアーナなど。

アニー(1999)10ディズニー制作TVドラマ。キャシー・ベイツ(『ミザリー』など)11出演
アニー(198212ote]ウィキペディア(日本語)アニー(1982年の映画)[/note]

2015年

89☞ゆれる人魚[note]ウィキペディア(日本語)ゆれる人魚[/note](2015)女性監督アグニェシュカ・スモチンスカのポーランド映画。2016年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞受賞作品[7]13The Lure (horror)]/note]原題は“ルアー”(疑似餌)
陸を上がってクラブで働きはじめた人魚シルバーとゴールド。人魚同志はイルカのような超音波で会話します。姉シルバーはバンドのメンバーに恋し、声の代わりに性器を得ますが、そのメンバーは別の女性と結婚します。シルバーは結婚披露パーティのダンスで彼の腕の中で泡となることを選びます。

 

  1. ウィキペディア(日本語)マジック・マイク
  2. ウィキペディア(日本語)マジック・マイクXXL
  3. Filmarks映画情報>アメリカ映画>チョコレート・シティ
  4. ウィキペディア(日本語)カルテット!人生のオペラハウス
  5. ウィキペディア(日本語)ワン・チャンス
  6. ウィキペディア(日本語)ポール・ポッツ
  7. Wikipedia(English)Annie
  8. ウィキペディア(日本語)ANNIE/アニー
  9. ウィキペディア(日本語)アニー
  10. Wikipedia(English)Annie(1999film)
  11. ウィキペディア(日本語)キャシー・ベイツ
  12. ウィキペディア(日本語)アニー(1982年の映画)

コメント