Victorian Litaltureのデザイン×99

Yukipedia

ビクトリア小説のデザイン

チャールズ・ディケンズ

02☞『ピクウィック・クラブ』(1836 – 37)

06☞『オリバー・ツイスト』(1837–39)

1,2

翻案

舞台化・映像化作品

07☞『ニコラス・ニクルビー』(1838 – 39)

08☞『クリスマス・キャロル』(1843)

09☞『ドンビー父子』(1846–48)

10☞『デイヴィッド・コパフィールド』(1849 – 50)

11☞『荒涼館』(1852 – 53)

12☞『リトル・ドリット』(1855 – 57)

13☞『二都物語』(1859)

14☞『大いなる遺産』(1860 – 61)

ウィリアム・メイクピース・サッカレー

01☞『虚栄の市』(1848)

3,419世紀初頭のロンドンを舞台に、上流を目指す富裕層社会に生きる人々を諧謔と諷刺に富んだ文章で描き痛烈に批判。

–Silent film

–Sound films

  • 1932年『Vanity Fair』, directed by Chester M. Franklin and starring Myrna Loy, updating the story to make Becky Sharp a social-climbing governess。現代劇に翻案。
1935年『Becky Sharp』(邦題;虚栄の市ーベッキー・シャープ)5starring Miriam Hopkins and Frances Dee。Langdon Mitchell脚色による舞台劇(初演は1899年)の映画化で、テクニカラーを使用した初めての長編劇映画
2004年『Vanity Fair』(邦題:悪女)6, 7directed by Mira Nair and starring Reese Witherspoon as Becky Sharp and Natasha Little, who had played Becky Sharp in the earlier television miniseries of Vanity Fair, as Lady Jane Sheepshanks
この時代の戦争趨勢をからめて物語が進行していきます。
1810~20年代の皮肉屋イギリス人は「ナポレオン8ネルソン、ウェリントン」に乾杯します。1798年1805年の2度の海戦でネルソン率いるイギリス艦隊がナポレオンを破りました。1805年に亡くなったネルソン9が、公然と愛人関係を持っていたことにも言及されています。
ナポレオンがエルバ島を脱出しパリへ進軍との新聞記事で、1815年とわかります。その年ベルギー近郊のワールテロー10でイギリス・オランダ連合軍とフランス軍が闘いイギリス軍が勝利します。ブリュッセルにおいて元帥ウェリントン公爵11がリッチモンド侯爵夫人の舞踏会でナポレオン急襲の知らせを受けた逸話が残っているように、映画の主人公と同様、貴族を含め軍人の家族もベルギーに随行していたようです。
戦後、イギリス軍に投降したナポレオンは、ウェリントンの提案により南海の孤島セントヘレナ島へ送られました。主人公の夫は、それに随行し黄熱病で亡くなります。
クローリ準男爵の姉の老嬢の愛犬はイタリアン・グレーハウンド12。古代エジプトの系譜にもつながる古い犬種ですが、16世紀頃イタリアで大流行し13、イギリスには17世紀頃に入ってきたといいます。ビクトリア女王も愛玩し、イギリスで人気を博しました。
また、金持ち新興商人層ジェントリ14(フランスでいうブルジョワジー)と貧乏な貴族との対立も時代背景として描かれています。
お前が望みさえすれば何でも手に入るのだ。子爵令嬢でも伯爵令嬢でもな。富豪の娘で爵位を買うとか。(成功した商人オズボーン氏)
ガヴァネス(家庭教師)はベビーシッターでもなく女中でもなく、子供の教育だけを専門にする女性で、ビクトリア朝頃から成人男性の海外移住や晩婚化が進み、大量の未婚女性が生まれてきた時代の職業といいます。社会的に女性が職業をもつのははしたないとされ、家庭においても使用人のような家族の一員のような、微妙なポジションにいました。当時の社会においては、ガヴァネスは、結婚していない中流の女性が自立するための数少ない方法の1つでした。子供が生徒が成長してしまうとガヴァネスは新しい働き口を見つけなければなりませんでしたが、そこから抜け出すほぼ唯一の手段は結婚であったということです15
ガヴァネスの代表例は「メリー・ポピンズ」です。
雇い主とのロマンスは「ジェーン・エア」「サウンド・オブ・ミュージック」。
実在の有名なガヴァネスはエリザベス1世女王のキャット・アシュレー、ヘレン・ケラーのサリバン先生、王様と私のアンナなど。

レディス・コンパニオン
16は、上流や富裕層の女性に雇われお相手をする女性のことで、この物語の主人公はガヴァネスでしたが、雇い主の姉の富裕な老嬢に引き抜かれコンパニオンになりました。コンパニオンの役割は、雇い主と一緒に時間を過ごし、話し相手となり、雇い主が客をもてなすのを助け、しばしば社交行事に同行することで、賄いと住まいを提供され、お手当を支給されましたが、女中ではなく、家族や友人関係に近いものでした。
それでも、微妙な立場に違いなく、この映画でも、進歩的なことを言っていた下級貴族の老嬢も結局は甥との結婚を許しませんし、コンパニオンに抜擢されたガヴァネス(主人公)に苦々しい思いをしていた女中は、結婚を老嬢に反対された後は「いい気味だ」という表情で嬉々としている様子が描かれています。

–Television

1998年☞『Vanity Fair』,17 a BBC miniseries starring Natasha Little as Becky Sharp

–派生小説

2013年☞『虚栄の市』(角川文庫) Kindle版 小林 信彦 (著)5つ星のうち5.0(3個の評価)

37☞『バリー・リンドン』(Barry Lyndon、1844年)

1844年『バリー・リンドン18深町真理子訳.1976.角川文庫
アイルランドの田舎青年バリー・リンドンが英国の上流階級のメンバーになろうとする姿を描くピカレスクロマン19(高貴な生まれでない主人公が日常を舞台に生きるための闘いを繰り広げる小説)。未亡人の女侯爵と結婚した実在のアイルランド人をモデルにしているといいます。20,21
1975年『バリー・リンドン22スタンリー・キューブリック監督(『時計仕掛けのオレンジ』『シャイニング』『アイズ・ワイド・シャット』など)
アカデミー賞撮影賞歌曲賞美術賞衣裳デザイン賞を受賞。
主演バリー・リンドン(元レイモンド・バリー)役:ライアン・オニール(テイタム・オニールの父、『ある愛の詩』『ペーパー・ムーン』など)
元々ナポレオンを描きたかったというキューブリック監督は、18世紀後半の軍隊や風俗を出来るだけ忠実に再現したそうです。

–その他のサッカレーの主な作品

  • 29☞1838~9年『馬丁粋語録』The Yellowplush Papers
  • 30☞1840年『床屋コックスの日記』Cox’s Diary
    • 床屋コックスの日記・馬丁粋語録 平井呈一訳.1951.岩波文庫
  • 31☞1839年『キャサリン』Catherine
  • 32☞1840年『みじめにもはなやかな物語』A Shabby Genteel Story
  • 33☞1840年『パリ・スケッチブック』Paris Sketch Book
  • 34☞1841年『ホガティー家の大ダイアモンド』The Great Hoggarty Diamond
  • 35☞1843年『フィッツ・ブードル・ペイパーズ』Fitz-Boodle Papers
  • 36☞1843年『アイルランド・スケッチブック』The Irish Sketch Book
  • 38☞1846年『俗物の書』(”The Book of Snobs
    • いぎりす俗物誌(斎藤美洲訳)世界文学大系 筑摩書房、1961
  • 39☞1846年『パーキンズ夫人の舞踏会』Mrs. Perkins’s Ball)クリスマス・ブック
  • 40☞1847年『わが町』Our Town)クリスマス・ブック
  • 42☞1848年『ドクター・バーチとその若い友達』Dr. Birch and His Young Friends)クリスマス・ブック
  • 41☞1848-50年『ペンデニス』Pendennis
  • 56☞1849年『レベッカとロウィーナ』Rebecca and Rowena)クリスマス・ブック
  • 57☞1850年『ライン川のキックルベリー一家』The Kickleburys on the Rhine)クリスマス・ブック
  • 58☞1852年『ヘンリー・エズモンド』The History of Henry Esmond年)
    • 恋の未亡人 ヘンリ・エズモンド 村上至孝訳.新月社,1948.
  • 59☞1853-55年『ニューカム家の人々』The Newcomes
  • 60☞1854年『バラと指輪』The Rose and the Ring
    • 67☞鷲巣尚訳 世界社,1947.10
    • 68☞刈田元司訳 岩波少年文庫 1952
  • 61☞1857-59年『バージニアの人々』The Virginians
  • 62☞1864年『デニス・デゥヴァル』Denis Duval
  • 63☞1949年『歌姫物語』 平井呈一訳.森書房,.
  • 64☞1949年『おけら紳士録』 平井呈一訳.改造社.

ブロンテ姉妹

15☞エミリー・ブロンテ 『嵐が丘』(1847)[5]。

16☞シャーロット・ブロンテ 『ジェーン・エア』(1847)

ジェーン・エア23,24シャーロット・ブロンテ。孤児ジェーンが、家庭教師として住み込んだ家の主人と結ばれるまでを描きます。

(サイト内リンク)『ジェーン・エア』×99

17☞アン・ブロンテ 『ワイルドフェル・ホールの住人』(1848)[6]。

ジョージ・エリオット(メアリー・アン・エヴァンス)

18☞『フロス湖畔の水車小屋』(1860)

19☞『ミドルマーチ』[7]。(1872)

トーマス・ハーディ

20☞『緑樹の陰で』(1872)

21☞『遥か群衆を離れて』(1874)

22☞『カスターブリッジの市長』(1886)

23☞『テス』 (1891)

24☞『日陰者ジュード』(1895)

エリザベス・ギャスケル(1810–1865)

25,26

  • 71☞1848年『メアリ・バートン』Mary Barton
    1834年から1840年のマンチェスターを舞台に、工場主の息子ハリー・カースンを殺害するに至った労働者ジョン・バートンの愁苦と、ハリーを捨て幼なじみのジェム・ウィルスンを選ぶ彼の娘メアリ・バートンの恋路を軸に、労働者階級の日常を克明に描いた作品。
  • 72☞1850年『荒野の家』The Moorland Cottage
  • 73☞1853-53年『クランフォード』Cranford)ルース(Ruth, 1853年)
    ギャスケルの故郷ナッツフォードをモデルにした架空の町クランフォードを舞台に、この田舎町に生きる人びとの日常を淡々と描くいた作品。
  • 74☞『北と南』(North and South
    牧師を辞めた父に伴ってイングランド北部の工業都市ミルトンにやってきたヘイル家マーガレットと青年工場主ジョン・ソーントンとの交わりと社会問題が平行する物語。
  • 75☞1857年『シャーロット・ブロンテの生涯』The Life of Charlotte Bronte
    ギャスケル(39)が知り合って5年後に病死する5歳年下のシャーロット・ブロンテ足跡をたどった伝記。
  • 76☞1858年『ラドロウ卿の奥様』My Lady Ludlow
  • 77☞1869年『ソファーを囲んで』Round the Sofa
  • 78☞1863年『闇夜の仕事』A Dark Night’s Work
  • 79☞1863年『シルヴィアの恋人たち』Sylvia’s Lovers
    8世紀末のイギリスの漁港モンクスヘイヴンを舞台に、酪農家の娘シルヴィアと、彼女を真摯に愛する洋品店の店員フィリップ、そして、彼の恋敵でシルヴィアと婚約する捕鯨船の銛打ちチャーリーの3人を軸に、フィリップを密かに慕うヘスタを絡めて展開する物語。
  • 80☞1863-64年『従妹フィリス』Cousin Phillis
    思春期の少女の淡い恋。
  • 25☞1864-66年『妻たちと娘たち』Wives and Daughters
    父の再婚により、新しい母ハイアシンスとその娘シンシアと同居することになったモリー・ギブスン。

アントニー・トロロープ(1815–1882)

27,28

  • 26☞『富村邸の基督降誕祭 捧腹絶倒』アンソニー・ツロロープ 深沢由次郎訳 太平洋館 1902年
  • 81☞『アントニー・トロロープ短篇集』鷹書房弓プレス
    1『電信局の娘』都留信夫編、津久井良充編訳 2004年
    2『ピラミッドに来た女』津久井良充、谷田恵司編訳 2008年
  • 82☞『慈善院長』木下善貞開文社出版 2010年
  • 83☞『バーチェスターの塔』木下善貞訳 開文社出版 2011年
  • 84☞『ソーン医師』木下善貞訳 開文社出版 2012年
  • 85☞『フラムリー牧師館』木下善貞訳 開文社出版 2013年
  • 86☞『アリントンの「小さな家」』木下善貞訳 開文社出版 2015年
  • 87☞『バーセット最後の年代記』木下善貞訳 開文社出版 2014年-2016年

27☞ジョージ・メレディス(1828–1909)

29
  • 27☞1856年『The Shaving of Shagpat』
  • 88☞1857年『Farina』
  • 89☞1859年『The Ordeal of Richard Feverel』
  • 『リチャード・フィーバレルの試練』多田稔桂文子訳 1993
  • 『リチャード・フェヴェレルの試練』菊池勝也訳 1999
  • 『リチァード・フェヴェレルの試練 父と息子の物語』東峰正志訳 近代文藝社 2009
  • 90☞1864年『Emilia in England 』※『Sandra Belloni』として(1887)に再版
  • 91☞1865年『Rhoda Fleming』
  • 92☞1867年『Vittoria』
  • 93☞1871年『The Adventures of Harry Richmond』
  • 94☞1875年『Beauchamp’s Career』
  • 95☞1877年『The House on the Beach』
  • 96☞1877年『The Case of General Ople and Lady Camper』
  • 97☞1879年『The Tale of Chloe』
  • 98☞1879年『The Egoist』
  • 99☞『Evan Harrington』
  • 43☞1880年『The Tragic Comedians』
  • 44☞1885年『Diana of the Crossways』
  • 45☞1891年『One of our Conquerors』
  • 46☞1894年『Lord Ormont and his Aminta』
  • 47☞1895年『The Amazing Marriage』
  • 48☞1910年『Celt and Saxon』
  • 49☞1877年『Essay on Comedy』
    『喜劇論』 相良徳三/訳 岩波文庫 1935 ISBN 978-4003223536
    1953年に改訳、1995年にリクエスト復刊。Essay on Comedy (1877)
    『喜劇の研究 並びに喜劇的精神の使用』外山卯三郎訳 原始社 1928
  • 50☞『アクリスの剣伊藤貴麿井元水明絵 童話春秋社 1940
  • 51☞『谷間に慕う・浮世の愛慾』浜四津文一郎北星堂書店 1958
  • 52☞詩
    • Poems (1851)
    • Modern Love (1862)
    • Poems and Lyrics of the Joy of Earth (1883)
    • The Woods of Westermain (1883)
    • A Faith on Trial (1885)
    • Ballads and Poems of Tragic Life (1887)
    • A Reading of Earth (1888)
    • The Empty Purse (1892)
    • Odes in Contribution to the Song of French History(1898)
    • A Reading of Life (1901)
    • Last Poems (1909)

ジョージ・ギッシング(1857–1903)

30

主な日本語訳

  • 54☞『南イタリア周遊記』 小池滋訳、岩波文庫、1994年(元版は下記「イオニア海のほとり」)
  • 53☞ヘンリー・ライクロフト
  • 55☞『無階級の人々』倉持三郎・倉持晴美共訳、光陽社、1998年
  • 02☞『ネザー・ワールド』 倉持三郎・倉持晴美訳、彩流社、1992年
  • 03☞『渦』 太田良子訳、ヒロインの時代・国書刊行会、1989年
  • 04☞『余った女たち』 倉持三郎倉持晴美訳、ニューカレントインターナショナル、1988年
  • 05☞アンソロジー・選集
    • 『ギッシング短篇集』 小池滋編訳、岩波文庫、1997年
      • (「境遇の犠牲者」「ルーとリズ」「詩人の旅行かばん」「治安判事と浮浪者」「塔の明かり」「くすり指」「ハンプルビー」「クリストファーソン」)
    • 『ギッシング初期短篇集』 松岡光治編訳、アティーナ・プレス、2016年
      • (「親の因果が子に報う」「初めてのリハーサル」「高すぎた代価」「いけ好かない恋敵」「フィービの遺産」「糸を紡ぐグレートヒェン」「安らかに眠れ」「女相続人の条件」「ブラウニーの復讐」)
    • 『ギッシング選集』(全5巻)、小池滋責任編集、秀文インターナショナル、1988年
      • 『第一巻 三文文士』 土井治訳
      • 『第二巻 流謫の地に生まれて』 溝川和雄訳
      • 『第三巻 余計者の女たち』 太田良子
      • 『第四巻 埋火、イオニア海のほとり』 土井治訳、小池滋訳
      • 『第五巻 チャールズ・ディケンズ論』 小池滋・金山亮太訳
  1. ウィキペディア(日本語)オリバー・ツイスト
  2. Wikipedia(English)Oliver Twist
  3. ウィキペディア(日本語)虚栄の市
  4. Murray, Al (2019年5月23日). “Al Murray on Vanity Fair: My great-great-great-granddad wrote a comic masterpiece” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235 2019年6月6日閲覧。
  5. Wikipedia(English)Becky_Sharp_(film)
  6. Wikipedia(English)Vanity_Fair_(2004_film)
  7. ウィキペディア(日本語)悪女
  8. ウィキペディア(日本語)ナポレオン
  9. ウィキペディア(日本語)ホレーショ・ネルソン
  10. ウィキペディア(日本語)ワールテローの戦い
  11. ウィキペディア(日本語)アーサー・ウェルズリー_(初代ウェリントン公爵)
  12. ウィキペディア(日本語)イタリアン・グレーハウンド
  13. 図鑑:イタリアン・グレーハウンド 性格・特徴など
  14. ウィキペディア(日本語)ジェントリ
  15. ウィキペディア(日本語)ガヴァネス
  16. ウィキペディア(日本語)レディス・コンパニオン
  17. Wikipedia(English)Vanity_Fair_(1998_TV_serial)
  18. Wikipedia(English)The_Luck_of_Barry_Lyndon
  19. ウィキペディア(日本語)ピカレスク小説
  20. Wikipedia(English)Mary_Bowes,_Countess_of_Strathmore_and_Kinghorne
  21. Wikipedia(English)Andrew Robinson Stoney
  22. ウィキペディア(日本語)バリー・リンドン
  23. ウィキペディア(日本語)ジェーン・エア
  24. Wikipedia(English)Adaptations of Jane Eyre
  25. ウィキペディア(日本語)エリザベス・ギャスケル
  26. Wikipedia(English)Elizabeth_Gaskell
  27. ウィキペディア(日本語)アントニー・トロロープ
  28. Wikipedia(English)Anthony_Trollope
  29. ウィキペディア(日本語)ジョージ・レメディス
  30. ウィキペディア(日本語)ジョージ・ギッシング

コメント