『THE TUDERS』Season3

Yukipedia
Amazon

『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』Season3

THE TUDORS〜背徳の王冠〜1(2007~2010年)アメリカ・カナダ・アイルランド・イギリス合作。

シーズン3

第1話 反乱の狼煙 (Civil Unrest )

➤ヘンリー8世とクロムウェルの宗教改革の一環としてカトリックの修道院を解体しました。修道院にため込まれていた宝物が大量に見つかりカトリックの腐敗が明るみになったものの、その財産を全て没収して王のものとし、十字架や像を破壊しました。
➤更に増税が王室の財政に寄与しましたが、民衆の反乱を招くことになりました。他にも、カトリックのキャサリン王妃を離婚してアンと結婚したことや、アンを処刑したこと、貴族でもないクロムウェルによる弾圧という複雑な感情、天候不順による農作物の不作と経済的困窮、息抜きであった宗教上の祝祭日の廃止や飢饉のセーフティネットとなっていた修道院の廃止など様々な要因が積み重なり民衆の不満が爆発したものでした。
➤ソーリー修道院2などの破壊をきかっけに、北部のヨークシャーから巡礼と称した民衆が「グレースの巡礼3」とよばれる反乱を起こしました。リンカーン大聖堂の占拠は、サフォーク卿ブランドンにより鎮圧されましたが、更に広範囲の抗議反乱を引き起こしました。

教皇が反乱の情報を得る避暑地として登場するガンドルフォ城は、現在も教皇の特別領土で博物館になっています。

第2話 恩寵の巡礼 (The Northern Uprising )

第3話 国王の報復 (Dissension and Punishment ) ※2009年エミー賞・撮影賞受賞

ヘンリー8世の愛人でホルバインにセミヌードの肖像画を描かれているUrsula Missledonは架空の人物4。ヘンリー8世の乱脈ぶりとホルバインへの寵愛を描くねらいでしょう。

第4話 失われた光 (The Death of a Queen )

第5話 改革の揺り戻し (Problems in the Reformation )

第6話 妃を求めて (Search for a New Queen )

第7話 愛なき婚姻 (Protestant Anne of Cleves )

第8話 哀れなしもべ (The Undoing of Cromwell )

シーズン4

恵みの雨 (Moment of Nostalgia )

誘惑の香り (Sister )

密会 (Something for You )

暗転 (Natural Ally )

散りゆく花 (Bottom of the Pot )

老境の恋 (You Have My Permission )

フランス遠征 (Sixth and the Final Wife ) ※2010年エミー賞・美術賞受賞 2010年ゴールデンリール賞・音響編集賞受賞

うたかたの勝利 (As It Should Be ) ※2010年エミー賞・衣装賞受賞

誇り高き男 (Secrets of the Heart )

命果てるとも (Death of a Monarchy )

  1. ウィキペディア(日本語)THE TUDORS〜背徳の王冠〜
  2. Wikipedia(English)Sawley Abbey
  3. Wikipedia(English)Pilgrimage of Grace
  4. Wikipedia(English)List of The Tudors characters

コメント