受注プロジェクトのリスク要因発生と顕在化時期

グラフ部分 Yukipedia

受注プロジェクトのリスク要因発生と顕在化時期

「組織的リスクマネジメントプロセスの実践による改善活動の取組み」高田淳司(日本電気株式会社)PM学会誌Vol.19,No.4,2017-8 の報告によると

NEC(日本電気株式会社)の不採算であった情報システムプロジェクトを分析すると、上流工程およびプロジェクト受注に起因するものが多かったといいます。

リスク要因

要因リスト

それらのリスクは設計の時期に顕在化することが多く、製造・テスト時に不採算が発生すると分析されています。

NECでは、この分析結果より、リスク管理コンセプトを明確にし、下記の改善策を行ったところ、3年間で不採算額80%減、プロジェクト数で70%減との成果があったそうです。

(改善策)

  1. 上流工程のリスク検討強化とリスク精度向上
  2. リスクフォローの強化
  3. リスク顕在化プロジェクトの振返りによる改善サイクルの強化

リスク管理コンセプト

 

 

コメント