プロジェクト憲章

Yukipedia

プロジェクト憲章

プロジェクト憲章は、憲法の“憲”という字がついていますが、プロジェクトで最も重要な文書です。
英語ではProject Charterプロジェクト・チャーターで、憲法の草分けとなった“英国のマグナ・カルタ1”のカルタと同じ語源です。

プロジェクトの一番最初に、目的や内容、プロジェクト・マネジャーなど概要が記載され、スポンサーやイニシエーター(発案者、発起人、プロデューサーなど)の承認を得ることにより、正式にそのプロジェクトが発足したことを明示します。チャンピオン2(責任者、権限者、推進者の意味)と呼ばれる場合もあります。

特に、プロジェクト・マネージャの氏名や役割が記載されていることにより、スポンサーから与えられた資金や、(人的)資源に対する権限をプロジェクト・マネジャーが行使する根拠となります。これが開示されているから、プロジェクト・マネジャーはお金を使ったり、メンバーに命令したりできることになります。

日本の組織の中でプロジェクトをマネジメントしている方にはイメージしにくいかもしれません。でも、米国のような人材の流動が激しい組織や、初対面のメンバー同士、通常の組織を離れたプロジェクトなど、誰がリーダーとして意思決定するのかわかりにくプロジェクトにはとくに必要です。

PMBOK(R)第6版では、プロジェクト憲章に記載すべき事項として、以下を挙げています。

  • プロジェクト目的
  • 測定可能なプロジェクト目標と関連んする成功基準
  • ハイレベルの要求事項
  • ハイレベルのプロジェクト記述、境界、および主要成果物
  • プロジェクトの全体リスク
  • 要約マイルストーン・スケジュール
  • 事前承認された財源
  • 主要ステークホルダー・リスト
  • プロジェクト承認事項(判断基準、判断者、受入承認者など)
  • プロジェクト終了基準(中止判断基準など)
  • 任命されたプロジェクト・マネジャー、その責任と権限レベル
  • プロジェクト憲章を認可するスポンサーなどの氏名や地位

 

  1. ウィキペディア(日本語)マグナ・カルタ
  2. ブリタニカ国際大百科事典>小項目辞典>プロダクト・チャンピオン

コメント