アジャイル・プロジェクト

Yukipedia

アジャイル・プロジェクト

開発手法は大きく分けて、計画駆動と変化駆動があり、その特徴から、スケジュールの策定やコミュニケーション計画などに影響します。

概要

計画駆動は、ウォーター・フォールとも言われ、滝の水が上流から流れるように、最初に綿密に計画や要求分析を行い、後続する工程はそれにのとってすすめていく手法です。成果物は最後に仕上あがり、成果物として失敗が許されない安全やセキュリティのリスクが高い業界や、既存の業務をそのまま移行するようなプロジェクトに向いています

変化駆動は、アジャイル1とも言われ、迅速なという語源のように、短い単位で反復しながら少しづつ成果物をリリースしていく手法です。スマホアプリやゲームなど変化の激しい業界や、不確定要素が多いイノベーション・プロジェクトに向いています。

2001年、当時このようなソフトウェア開発手法を行っていた専門家が集まり共通項を議論する過程で生まれてきた言葉で、その場で「アジャイル開発宣言(アジャイル・マニフェスト)2」「アジャイル宣言の背後にある原則(アジャイル・ソフトウェアの原則)3」にまとめられました。

コミュニケーションの違い

様々なアジャイルの形態

アジャイル・プロジェクトのスケジュール

通常2~4週間程度のイテレーション(反復)を繰り返します。

スケジュール管理には、イテレーションの中での残作業をモニタリングします。(イテレーション・バーンダウン・チャート

アジャイルの開発手法


 

  1. ウィキペディア(日本語)アジャイルソフトウェア開発
  2. アジャイル・マニフェスト日本語
  3. アジャイル宣言の背後にある原則

コメント